4/15 中山11R 中山グランドジャンプ予想

障害グレードが導入された1999年以降、「中山グランドジャンプの勝ち馬は、その年の中山大障害を勝てない」というジンクスがありました。

そんなジンクスを遂に破ったのが、一昨年中山グランドジャンプと中山大障害を勝ったアップトゥデイト。
そして、なんとその次の年にも中山グランドジャンプと中山大障害を勝つ馬が現れました。その馬の名はオジュウチョウサン。

幾多の名馬が達成できなかった、同一年の中山グランドジャンプ・中山大障害の両レース制覇。
この偉業を達成した2頭の歴史的な名馬が同じ時代に走っているのは奇跡なのかもしれません。
そして、今後も語り継がれるであろう2頭の名馬のレースを、現場で、この眼で見ることが出来る幸せたるや。

きっと今年の中山グランドジャンプも素晴らしいレースになることと思います。
全馬の無事完走と最高のレースを期待して。
是非、中山競馬場へ。


<出馬表>
http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201706030711

<ジャンプ指数>
17041511.png

オジュウチョウサンは今年初戦の阪神スプリングジャンプで、初コースも問題なくこなして重賞5連勝を達成し、充実一途。好位につけられる先行力がありながら、近5走で4回上がり最速をマークしているように強烈な末脚も併せ持つ。
メイショウヒデタダが逃げてアップトゥデイトが2番手、それをマークする3番手という形で、昨年の中山大障害と同じような展開になりそう。前が玉砕覚悟の大逃げを打つというのは考えにくいので、3番手でじっくり構えて勝負どころで並びかける勝ちパターンに持ち込める公算が大きい。調教の内容も良く状態面の問題も無さそうで、前人未到のJ・GⅠ3連勝に期待。

アップトゥデイトはオジュウチョウサンの後塵を拝するレースが続いているが、力の衰えは未だ感じられず、前走の阪神スプリングジャンプでも3着以下とは2kgの斤量差がありながら4馬身差をつけているので、地力は他馬より一枚上なのは明らか。オジュウチョウサンにマークされて末脚勝負に持ち込まれると分が悪いので、早目に仕掛けてロングスパート合戦に持ち込みたいところ。

ルペールノエルは昨年の中山大障害3着馬。その時は最後までしっかり伸びて、2着のアップトゥデイトとの差を詰め、後続には大差をつけた。前走は平場オープンで辛勝だったが、直線ダートがあまり合わないタイプなので致し方無し。こちらも末脚は確かなので、2強に割って入るとしたらこの馬か。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びくあろ

Author:びくあろ
小学生の頃、父親に連れられて観に行った三条競馬で競馬を覚える。以後、三条競馬場と新潟競馬場へ足繁く通う事に。
大学進学で上京すると更に競馬熱が高まり、府中か中山で開催している時はほぼ毎週土日とも本場へ通っていたほど。
その頃から障害レースに魅せられて早十数年。
中山グランドジャンプと中山大障害は毎年必ず現地で観戦。中山グランドジャンプは第1回から皆勤賞。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク